Bob's Life ~排便障害生活にっき~

直腸がん罹患と排便障害。そして脳内出血を克服して成功するぞのBobtakaの日記です。文句を言ってもしょうがない、笑顔で顔晴(がんば)るぞ!

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

トイレベスト3(商業施設編) 

 

外回りしていても、だいたい顧客のところに行く途中のトイレは頭に入っています。グレードが高いのは、やっぱり百貨店や商業施設のトイレ。ただ、これらはそんなに多くないので、だいたいが駅や街の公衆トイレとなります。

そんな中でも、営業中(都内および横浜)に寄ったトイレの中で、こいつぁすげえや!もしくは、なんてリラックスできるの!と思った公共施設及び商業施設のトイレベスト3をご紹介。

第3位
東急ハンズ新宿店
HMV新宿店・紀伊国屋新宿南口店が近いこともあり良く訪れるのですが、背の高い扉にちょっと広めの個室で意外とゆったりできます。難は、個室が2つのみであることと、そのうちウォシュレット付きは1つだけという点。なので、よく並びます・・・ここを使うときは。
でも不思議と落ち着くんだよなぁ・・・。


第2位
横浜ベイクォーター
横浜駅東口の横浜そごうの裏手にあるおしゃれなショッピングセンター。そのほとんどが屋外にあるので、非常に開放感があります。トイレはすべてウォシュレット付き。個室も3~4あります。最近できたこともあり、非常に新しく清潔!
そして、このトイレの最大のポイントは、平日は人がほとんど来ないこと!ゆ~~~っくり、ゆ~~~~ったり、思う存分、うん○ができます。


第1位
マンダリンオリエンタル東京
もちろんこんな高価なホテルに泊まったことはないんですが、ラウンジでコーヒー飲んだりできます。もちろん、一杯1200円くらいしちゃうんですが、景色も非常に良く、たま~~~~に商談で使ったりします。
そして、こちらのトイレ。一面のガラス張りに取り付けられた小便器。
38階の頂きより、都心に向けて致す、この開放感・・・。それは、至福の時。(高所恐怖症の方はお控くださいね)もちろん、個室もセレブでございます。
最後は、おしぼりまで置いてあり、いたれりつくせりの高級トイレでございます。


と言いましても、催してからの我慢の時間がまだまだ短い私には、いいトイレを探す嗅覚より、いかに早くトイレを探しだすかという探知能力が欲しい今日この頃なのでした。



※まさに空中トイレ
スポンサーサイト

category: 排便障害

thread: 日記 - janre: 音楽

tb: 0   cm: 6

△top

入院つれづれノート 

 



毎日、せっせと歩いているせいか、体調はことのほかよいです。
排便状況はまちまちで、今週はちょっと多めかな。今日は、ほとんど事務所だったのですが、午後はたびたびトイレへ。最近ふと気づいたのですが、外回り中より事務所での仕事の時の方が、トイレに行く回数が多いかも・・・。
外にいて、なかなかトイレに行けない環境だと、それなりに覚悟が決まるからかしら。本人は、あまり意識してはいないのですが、結果的にそういうことが多いですね。
これから、暖かくなってくるので、外回り多くしようっと。
(ただ、外回り中にひどい腹痛がくると、たいへん困る羽目に・・・)

さて、先日部屋の掃除をしていたら二回の入院中につけていた日記「入院つれづれノート」が出てまいりました。入院前にさまざまな人の闘病記をWEBや本で読んで勇気付けられたこともあり、せっかくの機会だから自分も記録してみようと始めたものでした。毎日の出来事や病院での様子を時間ごとに箇条書きしてあるのですが、まあその内容の能天気なこと・・・。
ある程度、覚悟が決まっていたのもあるんですが、明るく前向きに考えることで自分なりに目の前の重い事実をちゃんと受け止めよう(?)としていたのかもしれません。

その日の出来事を思いつくまま書いたものなので、ちょっと恥ずかしいのですが、これから入院される方の役にたてでもいただければと思い、近日中になんらかの形で更新しようと思っています。


そうそう、ちなみに土曜の大阪日帰り出張は延期となりました。ほっと一安心。
ついてる、ついてる。

category: 医療・病院

thread: 日記 - janre: 音楽

tb: 0   cm: 6

△top

三寒四温 

 

先週は、毎日結構歩いていたにもかかわらず、便の調子も良く、体調もすこぶる良好でした。腸には刺激になっていたようで、おならは多かったですけど、軟便になることもなく快適な一週間。日中も、ぽかぽか暖かく、毎日こんなんだったらいいのになぁ・・・。

でも、そんな状態は長くは続かず。
週末から真冬の寒さに逆戻り。土曜日は出勤だったのですが、ちょくちょくトイレの回数が増え、日曜にはそんなに動いていないにもかかわらず、軟便・頻便に逆戻りです(泣)。おまけに、土曜午後から空は砂ぼこりで茶色に染まり、強風で外出もできず、雨戸しめても家の中が砂だらけの状態・・・。

まぁ、ゆっくり休めということだな、ということで子供たちと家でゴロゴロしてました。

今週は、またも土曜出勤でしかも大阪本社への日帰り予定。
まだまだ、コートは手放せませんが、がんばるのです。

早く暖かくならないかなぁ。

category: 排便障害

thread: 日記 - janre: 音楽

△top

潜水服は蝶の夢を見る 

 

「あなたが虚しく過ごしたきょうという日は、きのう死んでいったものが、あれほど生きたいと願ったあした」

先日、ついてるネットからのメールに掲載されていたものをご紹介したのですが、この言葉の出どころがわかりました。白血病の息子と父親を描いた韓国の小説「カシコギ」(趙昌仁著、邦訳はサンマーク出版)の一節だそうです(朝日新聞2008,2/22生活欄)。
ネットで検索してみたら、なんだか通勤の途中には読めないようなお話のよう・・・。もう少し、心の準備ができたら読んでみたいです。

さて、ここのところ本の紹介が続いているのですが、この本は中でも秀逸なのでちょっとお付き合いを・・・。

潜水服は蝶の夢を見る潜水服は蝶の夢を見る
(1998/03/05)
ジャン=ドミニック ボービー

商品詳細を見る

年初の映画案内と新聞の切り抜き広告で知ったのですが、現在アカデミー賞にもノミネートされている映画でも話題の作品。
ファッション誌「ELLE」の編集長であるジャン=ドミニック・ボービー氏が、難病であるロックトイン・シンドロームに侵され、すべての身体的自由を奪われてしまう。唯一動かせる左目の瞬きのみで語った自身の過去・家族・そして想いがつづられています。

意識はあるのに身体をまったく動かすことができない、その絶望のような状況にも関わらず、彼から紡ぎだされる言葉は、美しくユーモアがあり、それでいて詩のように、一言一言に重みがあります。フランスの地名や、複雑(?)な家族関係など、ちょっと分かりにくい固有名詞もたくさん出てくるのですが、一つ一つの章が短いので非常に読みやすく、かつ心に響きます。

ハードカバーなのでちょっと高いのですがお薦めです。ぜひ、立ち読みでもいいので85ページからの「カーテン」を読んでみてください。3~4ページの短い章です(すべての章がそのくらいの長さ)。家族への想いがあふれています。

私も結構本屋をまわって探したのですが、なかなか在庫がなく、紀伊国屋書店新宿南店でようやくゲットしました。なるべく大きな書店でお探しください。


2月9日より、映画も上映中とのこと。
妻と必ず行きたいといっているのですが、子連れではちょっと無理かな。とりあえずDVDでたら必ず見ます・・・(笑)
映画のオフィシャルサイトはこちら。これ見ただけでも、ぐっときてしまいました・・・。

category: 本/CD/DVD

thread: 読書感想 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 8

△top

まずは体力! 

 

確定申告の医療費の控除のために、昨年度の領収書を整理しなければと思いつつ、ずうっとそのまんま。でも、あまりのほったらかしに業を煮やした妻がきちんとまとめていてくれました。感謝です~。
しかし、昨年は控除基準の10万に少し届かず・・・。ちょっとくやしい反面、少なくて済んだことに感謝しなきゃな。

先日の勝間和代氏の本で味をしめ、「効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法」も読んでみました。こちらは、自分をレベルアップさせるためのいわゆる自己啓発ビジネス書。前回のような専門分野の入門書といった趣向と違い勝間さんのようになれる方法論とでもいいましょうか。なるほど~ということや、それは無理です~といったことまでボリューム満点の内容なのですが、その中に個人的に興味のある文章がありまして。

「集中力を続かせる方法は、体力をつけること」
最近、仕事にしろ読書にしろ、一定の時間集中して仕上げてしまうことができず、そのうえすぐ疲れてしまい、帰りの電車で立ち寝したりと体力のなさを非常に痛感しておりました。やっぱり何事も体力が基本なのですね・・・。
少し前までは、手術したばかりだしとか、排便障害があるから、なんて言い訳ばかり考えておりましたが、現実は否応なく迫ってきます。無理は禁物なんですが、少しずつでもできることから始めなければなりませぬ。

ということで、先週から通勤時に一つ前の駅で下車して会社まで歩いております。といっても約15分程度、歩数にして800歩強なんですが、まぁやらないよりはいいかなと。
あともうひとつは、最近ダイエットでも流行っているらしい「記録する」ということ。スケジュール帳に、その日の歩数、頻便度、昼食、勤務時間などをいちいち書いております。確かに、こうすると前の日よりはもう少し歩こうとか、昼食ちょっとボリューム減らさなきゃなといったことを意識できるので、ちょっといいかも。三日坊主にならぬよう、がんばりまっす。
ちなみに、月曜日から4200歩、5000歩、10600歩、11500歩といいペースできております。最低、一日1万歩が目標です!
すこしずつだけど、がんばるぞ!

category: 日常生活

thread: 日記 - janre: 音楽

△top

家族のささえ 

 

以前もご紹介した朝日新聞の生活欄での「患者を生きる」のコーナー。
今年に入ってから再び癌の特集をしており、特に先々週から大腸・直腸がんの方の記録だったので、特に注意深く読んでおりました。
「おなかのおしり」という題ではじまるのは、杉田弘子さん(仮名)が直腸がんを患いながらも、3人のお子さんへの思いを糧に病気と闘う記事。
術後の炎症等で、人工肛門・人工膀胱を造らなければならなくなっても、子供たちのために必死にがんばる杉田さん。何回も手術を受けながらも、決してあきらめないその姿勢に、たくさんたくさん元気をいただきました。

その翌週は、直腸がんが肝臓と肺に転移し、骨盤にまで広がりながらも、絶対に勝ってやると病気と闘いつづける佐藤春夫さん。切れば治ると言われていたのに、度重なる再発。そして高額で長期間の戦いとなる抗がん剤の治療。生活していくために続けなければならない仕事のこと。たくさんの困難の中でも、前を向いて病気と闘う姿勢に、また多くの勇気をいただきました。

今週は、また別のがん患者の方の特集になっているのですが、上記の記事は朝日新聞アスパラクラブのホームページから「患者を生きる」のバックナンバーで読む事ができます。

ただ、このホームページ、以前と違って会員制となってしまったため閲覧するためには登録が必要です。無料ですが、ちょっと面倒かも・・・。
ということで、そちらの記事の中で紹介されていた一般の方向けのがん情報のサービスを、こちらに

今回の記事で非常に考えさせることがひとつありました。
先々週の記事の杉田さんは、病気後夫婦中が疎遠になり、ついに離婚となったそうです。闘病中も、術後の炎症時にも、すぐに命にかかわることはないからと痛み止めを処方しながらも、中学生から小学生までの3人の子供たちの世話をしつづけた杉田さん。
どんな家庭の事情があるかは、私にはわかりません。でも、がんをはじめ病気になった時に、一番の支えになるのは、他ならぬ家族です。私の場合、自分一人であったら、きっと病気の重さにおしつぶされていたんじゃないかと思います。妻がいてくれたから、子供たちが待っていてくれたからがんばれたんだと思います。そして多くの方が応援してくれたから、今があるんだと思います。
身近にがんを患っている家族がおられる方は、ぜひそんながん罹患者の思いを知ってほしいですね。
-- 続きを読む --

category: がん

thread:  - janre: 心と身体

△top

てっぱく・めせにー・あずけるな 

 



今日は、朝からお腹の調子が芳しくなく、何度もトイレへ。こういう時はだいたいちょっとゆるめの水溶便で、お尻が痛くなりがち。そのうえ、最近ちょっときつくなってきたジーパンの上げ下ろしだけでもいらいらしてきて・・・。いかん、いかん。ありがとうありがとう。

次男が39度の熱&咳がとまらないため、妻の実家で静養。
その間、元気で体力のありあまっている長男を連れて、初めて大宮の鉄道博物館へ行ってきました。とはいっても、朝からお腹もそんな調子なので、途中下車してトイレに入ったりとちょぴっとしんどい行程でした。

アトラクションに乗ろうなどとは、はなから考えてなかったんですが、やはり最低でも60分待ちとか、整理券じたいが売り切れという大人気状態。長男を説得するのが大変でしたが、それ以外にもたくさん楽しめるものがあるので、たすかりました。
それにしても、覚悟はしていたんですがすごい人です。老若男女を問わず、みんな電車が好きなのね。割と高齢の方の団体が多かったのにはびっくり。昔の車両が多く陳列されており、「なつかしいわねぇ~」とみなさん楽しんでいらっしゃるようでした。

電車での道中でも、たくさんの車両をみることができたので、長男も大満足。お尻はしんどかったですが、良かった良かった。

最後に、今週仕入れたCD&本の紹介。

デイ・トリップデイ・トリップ
(2008/02/06)
パット・メセニー(ウィズ・クリスチャン・マクブライド &アントニオ・サンチェス)

商品詳細を見る
昨年の暮れから、今か今かと待っていたのですが、あれこれと忙しくて購入する暇もなく、今週ようやくゲット!日本盤のみのボーナストラックのための600円近い投資もなんのその。
硬派です!結構、ゴリゴリです。余計な音はいれない、純粋なギタートリオ。
Antonio Sanchezもかっこよすぎです。個人的に大好きな「Quartet」に入っていた『When We Were Free』と、ジョンスコとの共演で話題になった「I Can See Your House From Here 」に入っていた『The Red One』が再演されていたのが、これまたたまりませんでした。このメンバーで日本に来ないかなぁ~。

お金は銀行に預けるな   金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)
(2007/11/16)
勝間 和代

商品詳細を見る

こちらは、最近ちまたで大人気の経済評論家の勝間和代氏の話題作。
いつも「○○万部突破!」のうたい文句に踊らされてこの手の新書を購入してしまうんですが、この本は非常に勉強になりました。私自身にその手の知識がほとんどなかったからと言うのもあるのですが、金融について非常にやさしく丁寧に解説してあります。題名こそ最近流行りの命令形ですが、文体は非常にやわらかく読んでいて好感がもてました。
感銘を受けた著者の言葉を二つ抜粋。
「金融はお金儲けのためにだけあるのではなく、私たちの生活を支え、社会をよりよくするための基礎」、「私たちが管理できるのはリスクのみ、そして『タダ飯はない』という鉄則はくれぐれも忘れないでください」

category: 本/CD/DVD

thread: 日記 - janre: 音楽

△top

真赤なパンツ 

 

いいお天気&寒さも少し和らいだので、外回りがてら散歩。
昼食後、いつもの四谷~新宿間を、御苑を横目にてくてく歩いているとこれまた久しぶりの強烈な便意。公衆トイレにはいったら、女性用の真赤な下着がここぞとばかりに置いてある。

こ、こわいよー

急いで用をたして、速攻その場を離れました。に、二丁目も、ち、近いしな・・・。

歩いたせいもあるんですが、この道を通る時は必ずといっていいほど、お尻が絶好調になってしまいます。そして、新宿の東急ハンズのトイレに駆け込むというパターン。でも、これまた久しぶりに間に合わず、パンツを汚すはめに。念のために携帯していた予備パンツが役にたちました。ツイテルツイテル。
でも、その後も数回催し、しばらくそこから動けず・・・。

さて急きょ明日は、大阪への日帰り出張とあいなりました。
週末なので、帰りの便は予約もすでに満席に近い状態。でも、今日あれだけ出たので明日はお尻の具合も大丈夫でしょう。

土日まで、あとひと踏ん張り!

category: 排便障害

thread: 日記 - janre: 音楽

tb: 0   cm: 8

△top

新事務所 

 

連休は、雪の影響もあったのですが、子供たちも風邪っぴきのため遠出もせずにゆっくりしておりました。おかげで、体調もよく今日から新事務所で仕事再開でっす!

なんだか内容の濃いい2週間だったのですが、便の調子は非常に良かったです。
腹痛もなく、だいたい朝食後に30%、昼過ぎに20%、夕食後就寝前に50%の理想的な排便間隔(昼は日によって少なくなり、その分朝へ)。
久しぶりに妻にバナナ酢を作ってもらい、毎朝豆乳とまぜて飲んでいるのと、2日にいっぺんくらいの割合で朝食後にN10を飲んでいるのが良かったかな。引越しや接客といったトイレに行きにくい業務だったこともあり、事前に準備していたのが功を奏しました。

もちろん、ズボン下&ホカロンおへそにペタ作戦も毎日しております。
ちなみに、ズボン下のことを、関西ではパッチというんだそうですね(あ、違った「ぱっち」ですね)。
なんだか、こっちの方がイメージ的によろしいので、今後は「ぱっち」を使わせていただきます。間違っても、ももひきなんていいませんよ。ええ、ええ。

さて、本日より新事務所で仕事です(といっても前の事務所から徒歩1分)。
もちろん、朝一でトイレ掃除しましたよー。これからお世話になりますからね。
さあ、今週もがんばるぞ!

category: 排便障害

thread: 日記 - janre: 音楽

tb: 0   cm: 3

△top

ストライキ 

 

ギフトショーも無事終了。

最終日には、顧客への説明も、自分が何を言っているんだかわからないほど、まったく頭がまわっておりませんでしたが・・・。

ただ、お尻の具合は、疲労度にもかかわらず調子良く、ほとんどトイレに行く事もありませんでした。
本当はシフト調整のため、2週連続での土曜出勤になるところだったのですが、情けないことにフラフラのため、お休みを頂き、久しぶりに土曜日をゆったりと過ごしました。

といっても、いつも以上に早起きの子供たちにたたき起こされ・・・。
しかも明日にかけて雪とのことで、外出するなら今日しかないとばかりに、張り切って買い物にまで行くはめに。
リラックスできたし、素敵なシャツも買えたので、まぁ良かった・・・かな。


数日前の散歩中にストライキする次男。
私も、この連休は、こんな感じの予定です。

category: 日常生活

thread: 日記 - janre: 音楽

△top

スローバラード 

 

なんとか無事に帰宅いたしました。
ありがたいことに、展示会の売上げも昨年以上で、しんどい3日間でしたが充実した出張でした。初日の疲労→夕食時のお酒→下痢で全てできってしまったのか、展示会本番の2日間は、ほとんどトイレに行く事もなく。
ただ、異常におならがでまして。しかも、湯船でするとちいさな泡がぷくぷくっと浮いてくるような細かなおならが、とめどなくでてきます。
我慢もできないので、てきとーにすかしておりましたが(すいません)、まあ近所の苦情もなかったので、あまり臭くなかったのかな。ははは。



展示会の会場に飾ってあったおしりかじり虫とハム太郎?
これ、スターチスというお花で作ってあるんです。なにもこのキャラクターじゃなくてもねぇ・・・。


東京に帰ってきたら、小雪がちらつき寒さが一段と厳しく感じられ、ここにきて徐々に疲労感が。
しかーし、そんな疲れも吹き飛ぶ、すばらしい番組がやっておりました。
NHKのSONGSでの忌野清志郎の復活ライブ
喉頭がんのため一昨年から治療に専念しており、非常に心配していたのですが、見事にがんを克服し、復活。のどの癌なので、リハビリも大変だったと推察されるに、まったく病後を感じさせないそのパフォーマンスに、大変勇気づけられました。
中学生のころから大好きだった彼のバンドのRCサクセションの代表的なナンバーもやっておりまして、中でも大好きな「スローバラード」は、もう涙なしには見れませんでした・・・。ほんとうによかった!すばらしいライブをありがとう!


さあ、明日からはビッグサイトでのギフトショー後半戦に参戦です。
がんばるぞー!

category: 日常生活

thread: 日記 - janre: 音楽

tb: 0   cm: 8

△top

後半戦スタート 

 



久しぶりの首都圏での雪のため、朝から交通機関が麻痺。
ギフトショー準備のために車で来る予定だった同僚もあえなく断念。通勤時も、出張用の荷物を持ちながらの大混雑に、それだけでへとへと。
なんとか会場での準備を終え、昼食後急いで名古屋へ。通勤時によほど疲れたのか、新幹線の中ではひさしぶりに熟睡で、名古屋まではあっという間でした。その後、顧客の展示会の会場で出展準備。18時過ぎにようやく終了し、親しい同業の方と、名物手羽先を頂いてまいりました。
美味しかったです、山ちゃんの手羽先。止まらなくなります、これ。

朝から残便感があって、こういう日は結構「おもらし」の危険があるので注意しておりましたが、さいわい移動にも余裕をもてたのでこまめにトイレに。おかげで、パンツを汚すこともなく一日を終了。夕食時に久しぶりのビール&サワーを少々頂いたので、ホテルにもどってからは、トイレラッシュになりましたが、現在は落ち着いております。

さあ、後半戦スタートです。
初日から、お腹の調子はまずまずといったところですが、気合を入れてのりきらねば!
まずは、名古屋での展示会。少なくとも前年以上の売上げが目標でっす。
がんばるぞー!

category: 排便障害

thread: 日記 - janre: 音楽

tb: 0   cm: 6

△top

結婚記念日 

 



事務所の引越もとりあえずなんとか終えてようやく前半戦を終了しました。
新しい事務所は同じく神田で、徒歩1分しか離れていない場所なんですが、少し広くなり、しかも2階なので移動もらくらく(以前は4階)。

ちなみにトイレは、ウォシュレット付き!
じ~ん(T_T)
これで心置きなく・・・。

しかし、ここのトイレちょっと変わっておりまして、和式のトイレにむりやり洋風便座を取り付け、その上ウォシュレットの便座を取り付けているので、座る位置が異様に高い。私、結構大柄な方なんですが、それでも座って足がようやくつくくらい。まあ、ぜいたくは言うまい・・・。
これからうんっとお世話になるので、とりあえず、たっくさん掃除しときました!


さて、本日は私たち夫婦にとって8回目の結婚記念日。
毎度のことながらあっという間の一年でした。ちなみに、昨年のこの頃のブログを見てみると、名古屋への展示会の出張やらギフトショー(昨年は視察のみ)やら、同じくてんやわんやの日々だったのね。
忙しさのレベルは、毎年パワーアップしてる気がするけど・・・。まぁ、ありがたいことです。

子供たちが小さいので、夫婦でゆっくりおでかけというわけにもいかないのですが、家族みんなで楽しく祝えるというのもなかなか素敵で幸せです。
ありがとう、ありがとう、感謝です。
これからも、ずうっとずうっとよろしくね。

category: 日常生活

thread: 日記 - janre: 音楽

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。