Bob's Life ~排便障害生活にっき~

直腸がん罹患と排便障害。そして脳内出血を克服して成功するぞのBobtakaの日記です。文句を言ってもしょうがない、笑顔で顔晴(がんば)るぞ!

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

内視鏡検査 

 

人工肛門閉鎖から約1年3ヶ月ぶり、直腸がん切除手術より約1年半ぶりの内視鏡検査。
いつもの大学病院ではなく、専門病院を紹介されての検査でした。

結果は、問題なしとのこと。今回は、画面に映る自分の腸内をきちんと見る余裕がありまして、先生の指摘で接合部もちゃんと確認できました。いちお、吻合した箇所の細胞検査をするとのことで、ちょっとだけ肉片を採取。ポリーブの切除の場合もそうなんですが、内視鏡自体からワイヤーカッターが出て腸内で簡単な切除等できるのです。すごい技術です。しかも、腸内は痛みを感じないらしいので、ちょっとお腹の中をつねられているかなぁくらいの感覚しかありません。検査の結果とともに、来月に大学病院である外来で経過具合を聞く予定です。

過去2回行っている内視鏡検査ですが、一度目の辛い思い出があるので、どうしてもいつもビクビクしてしまいます(一度目は市民医療センターでのがん発見時・その他ポリープ9個切除:約1時間強の検査)。ただ、今回はさすが専門の先生だけあって2回目の大学病院での時と同様、あっという間でした。開腹手術をすると必ずといっていいほどなる腸の癒着(他の臓器・腸等とくっつく)のため、内視鏡を入れる際多少痛いですよと先生に言われておりましたが、それほどでもなく安心しました。
ただ、今回は内視鏡検査の際に腸内に入れる空気のせいかお腹が張り、検査中に吐きそうに。検査後の説明もそこそこに、トイレへかけ込み、ガス&水(水も多少入れる)抜き。
しばらく、腹痛おさまらず、とぼとぼと家路につきました。単純にガスがたまっていただけなので、しばらくするとおさまりましたけど。

ところで、内視鏡検査の前にはまずーい下剤を2Lほど1時間のうちに飲み、お腹の中をすっきりきれいにするのですが、今回の病院は以前と違い待合室で集団で下剤の飲み会!トイレも男女関係なく、みな入ったり出たりの頻便大会。そこここで、おならがブーに下痢で○○。男性はいいですが、女性の方にはちょっとねぇ・・・。
まぁ、病院の中でそんなこと気にしてもしょうがないんですけどね。
スポンサーサイト

category: がん

thread: 医療・病気・治療 - janre: 心と身体

tb: 0   cm: 2

△top

コメント

 


大腸内視鏡の検査が無事に終わってよかったですね。お疲れ様でした。
二度経験したことがある検査だけと、めちゃめちゃこわい。
と、屈辱感。
全身麻酔にしてからうけたいです。そう言うわけには行かないですね。

ユッカ #- | URL | 2007/11/13 20:40 | edit

>ユッカさん
ありがとうございます。
ほんとに、そう思います・・・。もっと気軽に受けれる、楽な検査になればいいんですけどね。でも、胃カメラも細くなって鼻から入れられるようになる時代ですから、大腸内視鏡も進化するかもしれませんね!

bobtaka #- | URL | 2007/11/13 21:37 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://bobtaka.blog79.fc2.com/tb.php/172-7a6ae464
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。