Bob's Life ~排便障害生活にっき~

直腸がん罹患と排便障害。そして脳内出血を克服して成功するぞのBobtakaの日記です。文句を言ってもしょうがない、笑顔で顔晴(がんば)るぞ!

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

石野見幸さん 

 

大阪出張の際はいつも早朝出発のため、日中もあくびがたえません。
加えて久しぶりの入庫作業で運動した為か、お腹の調子も芳しくなく、昼食後は何度も仕事を中断してトイレに駆け込んでおりました。最近は、携帯用お尻拭きも持参していないので、こういう想定外の頻便時にはちょっとしんどいです。まだ、お尻がひりひりします。

ホテルで偶然見たのですが、NHKの「にっぽんの現場」でジャズボーカリストであり、今年11月8日にスキルス胃がんのため亡くなった石野見幸さんの特集をやっておりました。がんの痛みや抗がん剤の副作用に耐えながらも、笑顔で歌い続ける石見さんの姿に複雑な思いが胸をよぎりました。

今、私はこうして元気に過ごすことができる。
確かに、最低5年間は再発の危険と隣り合わせの生活ではあるのですが、喉もとすぎればなんとやら。毎日の生活に追われ、日々生きることのありがたさを、ついつい忘れてしまっているじゃないのか・・・。
でもだからといって、あの時の辛い絶望感を常に心に持ち続けるほど、私は強くありません。
なんだか、うまく説明できないんですが、でもこの病気を経験したからこそ、忘れてはいけない何かを気づかせてもらったような気がします。
もっと、自分の中でまとめられるようになったら、また書きますね・・・。

番組でもやっていた石野見幸さんのブログはこちら
12日(水)の深夜に再放送があるそうです。興味のある方は見てみてください。

さあ、明日もがんばるぞ!
スポンサーサイト

category: がん

thread: 心と身体 - janre: 心と身体

tb: 0   cm: 2

△top

コメント

 

忘れてはいけない何か・・・
ほんとその通りです。絶望のがけっぷちに立ってた頃の経験を決して忘れてはいけませんよね。
命のありがたさを思いつつ、人にやさしく・・・ですね。
通勤電車の窓から、癌をみつけてくれた検診センターが見えます。当初は怖くて目をそらせてましたが、今は感謝の気持ちで見れてます。「見つけてくれてありがとう」と・・・
まっ、喉元過ぎれば何とやら、つい、感謝の気持ちをどこかに置いてきてしまうんですけどねぇ。

chuman97 #HfMzn2gY | URL | 2007/12/09 02:36 | edit

>chuman97さん
たしかに、ずうっとそういう気持ちを持ち続けるっていうのも、なかなか難しいこと。でもこういう経験をしたものだからこそ、人一倍わかることもありますよね。
命の大切さを忘れずに、前向きにがんばっていきましょーね。

bobtaka #- | URL | 2007/12/09 22:54 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://bobtaka.blog79.fc2.com/tb.php/182-e615f9d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。