Bob's Life ~排便障害生活にっき~

直腸がん罹患と排便障害。そして脳内出血を克服して成功するぞのBobtakaの日記です。文句を言ってもしょうがない、笑顔で顔晴(がんば)るぞ!

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

香港頻便紀行 episode3 悪夢のフライト編 

 

12月30日


さて、最終日。
この日は、朝から自由時間だったのですが、同部屋の同僚と社長とで朝食に。


香港来たけど、吉野屋で牛丼。味は同じですが、こちらはファーストフード店風。カウンターで注文して自分でサービングします。

その後、せっかくだからと先日の香港島のワンチャイまで船で移動し、そこからセントラル駅まで歩くことに。約1時間ほど、結構な距離を歩きました。
今回は、万歩計も持参していたのですが、一日目:18000歩、2日目:19000歩、そして最終日のこの日は20000歩とかなりの距離を歩いております。これも、頻便の原因かも・・・。




道中の路面電車や、おもしろい形をしたビルなど。
ただ、天候も良く、非常に気持ちのよい散歩でした。

ホテルに戻り、昼食後、空港へ。15時過ぎの出発までまったく便意なく、安心して飛行機に乗り込みました。さて、問題の帰路。
離陸後、一時間ほどで食事となったのですが、魔がさしたとでも申しましょうか・・・、もう後は帰るだけだし道中も我慢したんだからちょっとくらいいいかなと、食事中に白ワインなどを頼んでしまいました。これが、過ちのもと・・・。

成田まで後1時間というあたりから、次第に腹痛が始まりまして。一度目、二度目までは良かったんですが、席に戻ってきたそばからまた便意が・・・。座席が3列シートの窓側のため(ありがたいことに真ん中のシートは空席)通路側の人に避けてもらわないとトイレに行けません。そう何度も何度もお願いするのもはばかられ、しばらく我慢しておりましたが、やはり脂汗が出てきて、映画にも読書にも集中できない・・・。やむなく三度目のトイレへ。

その後、小康状態を保っておりましたが、着陸寸前のベルト着用サインが点灯したころから、またまた便意が!あと、30分だ。とりあえずなんとか我慢だと思うも、とめどなく襲いかかるあの感覚・・・。あー、いっそここでしてしまえばいいんだよーという悪魔のささやきを振り払い、とりあえず意を決す。通路側の人(女性)にそのままでいいですからと、席をまたいで急いでトイレへ。気流の不安定の中、揺れるトイレでなんとか用を足し、すっきりして席へ。後20分。頼むからこのまま行ってくれと半ば祈りながら地上の風景を眺めておりましたが、その3分後に再び便意が・・・。

オーノー。

もう無理。客室乗務員もみな座ってる。皆に注目を浴びてしまう、ここでトイレに行くほどの勇気はない。やむなく、またまた脂汗流しながら我慢。その先の記憶があまりありません・・・。到着後、急いで空港のトイレへ。しばらくこもっておりました。この時点で完璧に下痢。最後の最後に、排便障害の一番の大敵がやってまいりました・・・。

この後も、帰りの京成スカイライナー内で催し、3両分歩いて2回ほどトイレに行きました(スカイライナーは4号車にしかトイレがないのに乗車したのは7号車・・・)。ここでも、さすがに荷物を置いて3両戻るのは気がひけたのですが、下痢状態では我慢できる時間はかぎられてきます。はっきりいってそんな余裕はありません・・・。
最後に、日暮里の駅でトイレをすませ、その後は南浦和経由で東所沢まで無事に帰ることができました。


とまあ、前回の旅行記よりは状況をよりおもしろく細かく書いておりますが、読んでいただいてわかる通り、終わってみれば笑って話せるような内容です。のど元すぎればなんとやらで、今ではけろっと忘れておりまして、今度はどこ行こうとさっそく次のことを考えております。ただ、今回の旅行で、まだ健常な状態ではないのだから自重しなければ、ということは改めて思い知りました。まずは、ゆっくりやっていこうと思います。
ちなみに、帰国翌日から便の調子は普通に戻りました。やはり、疲労が原因なのだろうか・・・。

今回の教訓3(個人差もあるので、全ての人にあてはまるわけではありません)
・トイレにすぐ行けない状況では、アルコールは控えるほうがよい!
・運動(ウォーキング)は、大腸がん予防や肥満予防には確かに良いのだが、頻便度もアップする可能性あり。
・一番大事なことですが、自分の調子や状態をきちんと把握したうえで、無理せず行動すすることが肝心。決して、調子にのってはいけませんね・・・。
スポンサーサイト

category: 排便障害

thread: 香港 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 6

△top

コメント

 

運動(ウォーキング)

ストーマを着けていたときは毎日のようにスポーツジムに歩きに行ってました。
今はストーマ閉鎖痕が少し痛いことと、ジムが閉店したこと
あと寒いこともあって運動量がかなり少なくなっています。
今まで便秘という体験がなかったので1日でも不安になります。
下痢でなければ頻便の方がいいかなとも思うのですが、
それは私がまだ自宅療養の身だからでしょうか?
今日はいい天気なので午前中に日向を探して20分ほど歩いてきました。

団長 #662i7HpA | URL | 2008/01/06 13:56 | edit

>団長さん
いえいえ、運動はやはりした方がいいです。
私も、特に術後は、腸の癒着を防ぐためにもたくさん歩けと言われました。
無理は禁物ですが、それによって著しく頻便度があがるというようなことはそんなにないと思われます(疲労や風邪などの他の原因が重なる時は分かりませんが・・・)。

天気がいいと、散歩も楽しいですよねー。

bobtaka #- | URL | 2008/01/07 11:53 | edit

遅ればせながら・・・
あけましておめでとうございます~☆

やっと風邪も治り、楽しみにしていたbobtakaさんの旅行記、イッキに読まさせていただきました^^
香港のトイレ、なかなか綺麗な所は少ないし、大変だったでしょう?
でも、楽しい思いもたくさん出来たみたいだし、結果OKですね^^
次は今回の教訓をいかし、さらに楽しい旅も出来そうだしね~。
色んな意味で、お疲れさまでした♪

NON #- | URL | 2008/01/07 18:44 | edit

>NONさん
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします!!

ありがとうございます。
そうですね。これからも、めげずにどんどん行きますよー!

bobtaka #- | URL | 2008/01/07 21:33 | edit

初めまして!

僕も直腸がんからの肝臓転移で約2年前に治療を終えたばかりです。現在30歳です。僕もbobtakaさんと同じ経緯をたどっています。初めて日記を拝見し感銘を受けました。僕も頻便でツライです。出来る仕事が限られますね・・。

りょう #- | URL | 2008/02/04 10:46 | edit

>始めまして

>りょうさん
こんにちわ。コメントありがとうございます。
まだ、お若いのに大変でしたね。
頻便は辛いですけど、おかげで食べ物や運動など健康に気を使うようになりました。これも、病気のおかげですね。前向きにがんばりたいと思ってます。
今後ともよろしくおねがいしますね。

bobtaka #- | URL | 2008/02/04 21:48 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://bobtaka.blog79.fc2.com/tb.php/197-d7e5f1d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。