Bob's Life ~排便障害生活にっき~

直腸がん罹患と排便障害。そして脳内出血を克服して成功するぞのBobtakaの日記です。文句を言ってもしょうがない、笑顔で顔晴(がんば)るぞ!

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

知りつづけ、考えつづけること 

 

最近は、お酒はほとんど飲んでいません。
たまーに、実家にいったときや、多忙だった週末の夕食には
「今日くらいは、いいでしょう?え~?」と自分に言い聞かせて、缶ビール一本かわいく飲んだりしております。
先日も、ちょっと疲れがたまっており、「え~?」といいつつ夕食にちろっと飲んだら、今日は即腹痛に・・・。しかも、軟便でおならが多いパターン。
こういう時は、横着をせずこまめにトイレに行かないと大変なことになるのは、重々承知。
ということで、通勤途中・営業途中と何度もトイレに。お昼は、たまたま顧客とのランチだったのですが、何度も中座するはめに。せっかくの機会なのに・・・まったく、もう。

まぁでも、たまーにですからね。これくらいのことで、お酒は止められません・・・(控えますけどね・・・)


さて、昨夜19時よりテレビ朝日で「小さな生命スペシャル 愛してるよ、カズ」が放映されておりました。
小児がんで余命2カ月といわれた光武 上総(かずさ)君(7歳)の闘病の様子を、数カ月間にわたって取材した壮絶な家族の体験。ご両親の気丈で立派な振る舞いに、涙がとまりませんでした。生命というものの尊さを、まっすぐ見つめた心にのこる番組でした。

癌を患ったものとして、同じように小さな子を持つ親として、どうしても見なければいけないような気がしまして・・・。以前であれば、おそらく見ることはできなかったと思います。

最近、思うのですが自分が癌になった「意味」というものをよく考えます。
癌になったおかげでわかった、家族の素晴らしさ、たくさんの方の支え、そして「生命の尊さ」というもの。なんだかうまく説明できないのですが、でも癌になったからこそわかる自分にできることを、これからも知り続けていきたいし、考えていきたいと思います。

番組の中で上総君の担当の先生が、小児科の医師を目指す後進の指導中におっしゃっていた印象深い言葉があります。「小児がんのうち70%の子供たちは、治療によって完治する。ただ残りの30%のお子さんは、治療の甲斐もなく亡くなってしまう。医療には限界があります。それを知ってほしい」というような内容でした(すいません、正確な言葉ではないのですが)
70%という数字が高いか低いか、正直よくわかりません。でも、少なくともこの現実をしっかり受け止め、少しでも多くの子供たちが救われるよう、できることを考えていきたいと思います。
スポンサーサイト

category: がん

thread:  - janre: 心と身体

△top

コメント

 

お酒、おいしいのに飲んだ後のこと考えるのは嫌ですね、お察しします。
チョットずつ飲んでください♪
bobさんの言うとおり、病気してわかる家族のありがたみとかよくわかります。
絆が深まりますよね!
今元気な私は最近冷たい娘に、具合悪い振りしようかなって思っちゃいます

もすもす #- | URL | 2008/03/05 22:58 | edit

>もすもすさん
ありがとうございます!
今はまだ我慢できるんですが、これから暖かくなってくると、仕事あとのビールが欠かせなくなるので、困るんです・・・(泣)

あらま。じゃあ、お母さんも一緒にバンドをやりましょう!・・・なんて。

bobtaka #- | URL | 2008/03/06 09:46 | edit

共感します

bobtakaさん、こんにちは!
禁酒して半年、ビールに目がない私は、
復帰後の「極上の一口目」を
ひたすら夢見てリハビリってます、が。
翌日ツケが来るんですね?
むーん夢がぐらついてきた(笑)

bobtakaさんの意見、すごく共感します。
発覚後初めての外来で、主治医が「生存率」と
何度も口にするのをみて初めて、
「ああ、自分は命に及ぶ病にかかったんだな」と
気付きました。
生存率90%といっても、10%のなかにどれだけの
家族と本人の思いがあることか...。
そう思える今の自分でできることを
やっていきたいですね。

Takio #- | URL | 2008/03/06 10:57 | edit

入院日記読ませていただきました。私も肩こりがすごかった。何で肩がこるのかわからないくらいに・・・これって身体がサインを送っていたのかもしれませんね。
 ボブさん、腸が直腸に近い働きはしないのでしょうか?排便の仕組みを考えると、やはりボブさんの大変さをお察しします。私も実際自分の直腸が何センチになったのかわかりませんが、辛いときありますから、汚い話ですが、直腸が短い分、たまる量も少ないせいか、けっこう我慢ができるんです。下痢のときでも・・・こんな闇の話は同病者で無いとわかりにくい話ですよね!これからもどうぞよろしくお願いします。

ちゃちゃまる #- | URL | 2008/03/06 12:29 | edit

>共感します

>Takioさん
大丈夫ですよ。慣れですから。私の場合、最近お酒を飲んでいなかったので、過剰反応しただけで。夏ころは、毎日飲んでても大丈夫でしたから(笑)
それに、私は入院中、どーしてもビールが飲みたく、退院したその日にプシュっとやっちゃったくちです・・・。

そうですね、数字だけではわからない、たくさんの想いがあるような気がします。

bobtaka #- | URL | 2008/03/06 12:35 | edit

>ちゃちゃまるさん
担当の先生曰く、長い時間をかけてつなげた大腸が直腸の役割をする場合もあるそうですが、まだよくわかっていないらしいです。ただ、だいぶ我慢できるようになりましたよ!

たしかに、うん○の話をこんなに堂々とできる自分が恐ろしいです・・・(笑)
こちらこそ、よろしくお願いします!

bobtaka #- | URL | 2008/03/06 12:40 | edit

私も禁酒宣言をしたにもかかわらずここ最近少量ですが飲み続けていました。
少し胸焼け気味でも便秘解消と誤魔化してました。
一昨日下してしまい今また止めています。
夏になるとやはり辛いでしょうね。

「私が癌になった意味」
社会復帰したら病院のボランティアをしたいですね。
同病者にしかできない相談にものりたいですし
忙しいお医者さんや看護師さんの少しでも役に立ちたいです。

団長 #662i7HpA | URL | 2008/03/06 17:34 | edit

お酒

飲んですぐに反応するのは辛いですね。特に通勤途中は電車に閉じ込められちゃうからもっと辛いですねv-409
私も薬を飲みはじめてからは、飲んだ翌日の体のだるさと数回のお通じは辛いです。

私とのお酒の席は何度でも中座しても大丈夫ですよ♪

tetu #- | URL | 2008/03/06 22:47 | edit

>団長さん
慣れもあるんですけどね、でも先日の新聞でも言っておりましたが、アルコールはやはりあまり良くないらしいです・・・(泣)
http://bobtaka.blog79.fc2.com/blog-entry-187.html

>社会復帰したら病院のボランティアをしたいですね
団長さん、すばらしいです!
そうですね、なにか役にたてるようなことをしていきたいですね!

bobtaka #- | URL | 2008/03/07 15:13 | edit

>お酒

>tetuさん
では、そろそろ行きましょうか!飲みに・・・(笑)

電車内での我慢は、普通の方でも結構大変ですものね。
できるだけ、ラッシュを避けるようにしてますけど、限界があるしなぁ・・・。

bobtaka #- | URL | 2008/03/07 15:15 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://bobtaka.blog79.fc2.com/tb.php/225-27155488
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。