Bob's Life ~排便障害生活にっき~

直腸がん罹患と排便障害。そして脳内出血を克服して成功するぞのBobtakaの日記です。文句を言ってもしょうがない、笑顔で顔晴(がんば)るぞ!

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

久しぶりの脂汗・・・ 

 

恒例の新年会はそれほど多くはなかったのですが、何故か連続で予定が入ってしまったりしていたので、嫌な予感はしておりました。

そのため、連続で3日目のその日は、仕事での食事会だったのですが、なるべくお酒も飲まず。できるだけ、水を飲むように努めておりました。
ちょっとお洒落なお店に連れてきていただいて、浮かれてたんでしょうね。それでも、シャンパンと白ワインをほんの1~2杯ずつ頂いたくらいです。知人が、その後ビールを頼んでいたのが非常に魅力的だったのですが、我慢しました!
なのに、それなのに~。。。

その夜も、例によって相当寒く、JR中央線の新宿周りで帰れば早いものを、乗り換えが少なく、ホームが暖かい副都心線をめざし、渋谷駅より帰途についたのです。大きなサンプルの荷物を持ち歩いていたのも理由のひとつでした。
もうその頃から、お腹がごろごろいっておりまして、とにかくオナラがどんどんでる。そして、結局トイレに入ってもちょっとしかでないじゃないか!であろう例の便意が・・・。

副都心線では座れ、途中の小竹向原駅で乗り換えだったため途中下車したのですが、後々の事を考え、駅のトイレへ。ちょっとしか出ないとわかっていても、慌てずしっかり出し切り、念の為に重ねたトイレットペーパーを装着して、ホームに戻りました。

この日は、どうやら昼頃より有楽町線内で故障事故があったらしく大幅にダイヤが乱れていたみたいです。
ホームに人があふれんばかりに並んでいる中、急行の和光市行が停車しておりました。
どうせなら、早く帰りたいと、そこに乗り込んだのが運のつき・・・。

最初は幸先よく、順調に各駅を通過していく急行列車。
しかし、終点の和光市駅にて電車がつかえているとのことで、2駅くらい前の所で止まってしまうではないですか。そして、待つこと約10分・・・(@_@;)

こういう時に限って、また例の腹痛が来るのであります。
そして、夜の停車中の地下鉄車内は、非常に静か!
そうです、他の音にまぎらわせてのオナラもおちおちできないのです。これが、痛かった。

普段、ある程度、すかして(失礼)お尻への負荷を軽減するのですが、この日はどうもうまく「すかす」ことができず、音がでてしまう。もう、我慢です。
22時を過ぎていたので、周りの方は皆疲れた表情で目をつぶっていらっしゃる様子。立っている乗客はそれほど多くない程度の込み具合でしたが、隣の車両へ移動できるほどの余裕はなく、クネクネしながら耐えておりました。

ようやく電車が動き出しましたが、さらに和光市につくまでに、これが2回。
途中、ぶーってオナラが出てしまったりもしましたが、動けません(涙)

もう、久しぶりに世界中のありとあらゆる神々に祈りました。
お願い、ここで降ろしてください・・・。それが無理なら、どうか電車を進めてください・・・。クネクネ。


なんとか暴発することもなく、和光市のトイレに駆け込んだ時には、生きてて良かったと、これまた久しぶりに実感した次第でございます。

1月に入ってから寒い日が続き、またあちこち出歩いていたこともあり、お腹の調子もよろしくなかったのでしょうね。その後は、意識してビオフェルミンを続けて飲むようにしております。

久しぶりに、途中下車できない急行の恐ろしさを実感した一夜でした。

ついてる、ついてる。
スポンサーサイト

category: 排便障害

thread: 日記 - janre: 心と身体

tb: 0   cm: 8

△top

コメント

 

はじめまして

こんばんわ。夫が昨年直腸がん手術うけました30代前半です。
電車や、仕事中、ほんとに大変ですよね
どうも、普段食べない物を外食で食べると
かならずうちも下痢しちゃってます。
オナラもコントロールができず大変ですよね。

はじめてコメントしますが、病気発覚以来からこちらのブログ、インタビュー記事をよく読んできました。夫は自分では病気のサイトを見ないようにしているのですが、bobtakaさんが同世代で仕事を頑張っている様子を伝えるといつも勇気をもらうようで、うれしそうに聞いています。ぜひ、頑張ってください。
私たちも、がんばります。

maf #- | URL | 2013/02/07 23:01 | edit

前回コメントしたアラフォーです。^o^
あのぉ〜、恥ずかしいながら、オナラは勝手に出てしまいますよね?これも人前だと我慢できるようになりますか?

先日、職場の方が自宅にお見舞いがてら来てくれた時の事、ソファーから立ち上がった瞬間、ブブブーッと、まさかの、まさかの〜オナラが出てしまい、赤面´д` ;でした〜。
これ、職場に復帰したら、どーしようーと焦りますね。
私の場合、全部の直腸を切除しました〈涙〉なので、排便も自宅療養とはいえ、待ったなし〜で、トイレに走り込みます(ーー;)

後、私も手術後は、抗がん剤はしなくても良いらしく、本当に大丈夫なのか、何か再発、転移しない為の薬を飲まなくていいのか不安になります。私の場合、排尿障害が出てしまい、術後から自力で排尿出来ずにいましたが、オシッコの管がやっと取れて、薬で治療中です。
後は、排便のコントロールの為、薬を頂いてますが、あまり効果がありません。

#- | URL | 2013/02/08 12:37 | edit

Re:はじめまして

>mafさん
コメントありがとうございます。返信遅くなってしまいすみません。
同じ病気の方やそのご家族の方から頂く激励は、非常に嬉しいです。ありがとうございます!!
ご主人、30代前半での罹患、手術と大変だったと思います。でも、早いうちなので、回復力もあると思います。きっと良くなりますので、ぜひぜひ、顔晴(がんば)ってくださいね!私も、顔晴りま~す。感謝!

bobtaka #- | URL | 2013/02/13 20:52 | edit

No title

>アラフォーさん
オナラ、これ最初のうちは、便との区別が全然つかなくて、もうトイレに行ってばかりでしたね。
だんだん区別もつくようになってきますし、ある程度はコントロールできるようになりますよ。
ただ、これはもう体質もあるので、一概には言えないのですが、私は比較的オナラが多い体質らしく、人前でも結構きたりします。もう、そういう時はうまーく立ち去るか、もしくは「すかす」か!これはもうテクニックですね。大丈夫です、慣れます(笑)

抗がん剤は、私も担当医に必要ないと言われましたが、個人的にはしなくてもいいものをあえて処方してもらう必要はないと思います。大腸(直腸)がんの抗がん剤は飲み薬で比較的経口しやすいらしいですが、他の罹患者が抗がん剤を服用して非常につらい思いをしているのをたくさん聞いているので、むしろ何もなく良かったと考えるようにしていますよ。

bobtaka #- | URL | 2013/02/13 21:00 | edit

No title

Bobさん
お久しぶりです!

直腸欠損の排便障害に悩む後輩にとっては指針となるこのブログ・・・・!
 これからもupしてくださるようお願いします

By アグリ

アグリ #2E1LQM0k | URL | 2013/02/24 02:10 | edit

Bobさん、こんにちは。
早いもので、今日で3月ですね。

ふっと思った事が‥
直腸癌が発覚して、手術、治療が終わった方は、5年再発、転移がなければ、もう定期的検査は終了となるのですか?
ボブさんのブログを拝見すると、5年、再発、転移がないと見受けますが、癌を克服した方なので、励みになります(o^^o)
私は、昨年の直腸癌の手術し、今だに排便障害に悩まされ、仕事も休職中で、仕事復帰に自信がもてなく、癌の再発、転移を考えるだけで、怖くなってしまい、ついつい引きこもってしまいます T^T
ちなみに、ステージ1で、その1の中にも4段階に細かくわかれると、2の段階だと言われ、早期癌だったようです。早期でも開腹手術でした。

私の執刀医は、医者としての立場しか考えてない方で、後から自分が責められないような返事しかしないので、私は神じゃないからわからない、そんな感じなので、細かい疑問はタブーで、ついつい早期癌であっても不安だらけです。



#- | URL | 2013/03/01 12:29 | edit

No title

>アグリさん
ありがとうございます!!
といいつつ、相変わらずの遅更新ですみません~ m(_ _)m
顔晴ります!

bobtaka #- | URL | 2013/03/07 17:02 | edit

Re: タイトルなし

> Bobさん、こんにちは。

コメントありがとうございます!!
返信遅くなり、大変すみません~。
FC2ブログは、1か月以上ほったらかしだとコメント承認制になってしまうのです・・・。

お医者さんによっても違うのですが、一応5年生存率などと言うように、5年が目安になっている見たいです。とはいえ、私の場合は、最後にCTとっておきましょうかとか言いつつ、結局6年くらい診てもらっていましたが。

再発・転移は確かに怖いですよね。
でも、なるかならないか分からない病気の事を気にしすぎるのは、逆に身体に悪いと思います。
だいじょーぶです。かかってこいや~ってくらいの気持ちがあれば、病気の方が逃げて行きますよ。

排便障害は、どうしても日常についてまわるので、しんどいのですが、これも徐々に良くなっていきます。
私なんて、一時的な人工肛門から元に戻す手術の3カ月後には、上海への社員旅行とか行って、紹興酒呑みまくってましたから(笑)まあ、未だに、お酒を飲むと、お尻はゆるいですけどね・・・。

大変だとは思いますが、身体が慣れて、きっと良くなります。
なので、気持ちを前向きに。一緒に顔晴(がんば)りましょう~。

担当医さんが、患者目線になってくれないのは悲しいですね。
こればかりは、相性もあるので、難しいですが、どうしてもあかんと思ったら、カルテの資料をもらって、別のお医者さんの所に行くのもありだと思います。
また、排便障害については、外科の先生方は、あまり症状や生活の中での問題点等は良くわかっていないようでした。このブログを書いて、いろんな方に知って頂きたいと思ったのもそんな理由からです。

まずは、ご自身でもいろいろと情報をあたってみるのも良いかもしれませんよ。
それでは、また何かありましたら、連絡ください~。

bobtaka #- | URL | 2013/03/07 17:28 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://bobtaka.blog79.fc2.com/tb.php/566-6cb98e12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。