Bob's Life ~排便障害生活にっき~

直腸がん罹患と排便障害。そして脳内出血を克服して成功するぞのBobtakaの日記です。文句を言ってもしょうがない、笑顔で顔晴(がんば)るぞ!

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

PILGRIMAGE 

 

今年の1月に白血病のため亡くなったMichael Breckerの遺作。レコーディングが2006年の8月というのだから闘病中なのですが、その意志たるや頭が下がります。
全編オリジナル、しかも一歩も引かないそのプレイを聞いていると本当に病気を患っている人には思えません。サイドも大御所ぞろい、Pat Metheny, Herbie Hancock, Brad Mehldau, John Patitucci, Jack Dejohnette。
どんな状態でも常にベストを尽くす、後ろなんて振り返らず常に最先端の音楽を目指すその姿勢に感動いたしました。


さて、話はかわりますが、5/20付けの朝日新聞の社会面「家族」というコーナーに女優の江角マキコさんの投書が掲載されていました。
自身、高校生の時に父親を胃がんで亡くし、また昨年に弟さんも胃がんからの脳への転移により失ったそうです。それぞれ、37歳と36歳の時だそうです。江角さんは3人兄弟で父親が亡くなった時、中学の弟と小学生の妹がいたそうです。そしてまた弟さんも亡くなられた時に、3人の幼い娘さんがいらっしゃったそうです。そんな中、家族を思い一生懸命生きる様に、涙がとまりませんでした。
弟さんの闘病生活を公にすることもせず「精一杯の答えを出してきた(本文より)」江角さんが最後に書いている印象深い言葉がありました。

「今日があるー。こんな当たり前のことが私たちにとっては、幸せです。開いて置いてある窓辺の本が、そよ風でページがめくられるような何げない毎日。幸せなことです。」
(朝日新聞P33-2007.5.20)


一週間の疲れがどっとでたのか、今日はほぼぐったりしておりました。便の調子も夜になってからよろしくありません。明日からは、また大阪出張です。
そんな週末の、いろいろと考えさせられる一時でした。
スポンサーサイト

category: がん

thread: 日常 - janre: 心と身体

tb: 0   cm: 2

△top

コメント

 

わたしもこの江角マキコさんの手記を読みましたが、人には辛い部分が必ずあるからこそ、楽しいときを感じ取ることができるのでしょうな。

き #- | URL | 2007/05/21 22:12 | edit

>き さん
そうですね、本当につくづくそう思います。
毎日を大切に楽しく頑張らねばと、あらためて思いました。

bobtaka #- | URL | 2007/05/22 09:25 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://bobtaka.blog79.fc2.com/tb.php/94-8c35b5de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。